2005年09月30日

飲み会でしたよ

 昨日は飲み会でしたよ。(・_・)ノシ

 夏休み返上して研究室に実験にきていた三年生二人の、お別れ会しましたよ。東北?の方の名物?料理の芋煮会というものをしましたよ。お酒もたくさんありましたよ。たくさん飲みましたよ。カラオケもしましたよ。歌って・・・難しいんですねぇ・・・( =∀=)
なにわともあれ、楽しい時間を過ごしましたですよ?

んで、一夜明けた今日、今、このとき、いきなり現実です・・・

きもちわるぅぅぅ〜〜〜〜

こうなると、分かっているのに、やめられぬ (ナサ)

飲みすぎ、食べすぎには注意しましょう。

(追記) 
一ヶ月間の短い間でしたが、実験所の人口密度が増えて、たのしかったなぁ( =A=)フッ 
人が増えると人間関係が難しくなるなぁ( =A=)フッ
夏休み返上してまで研究室訪問して実験する気力なんて、去年の自分にはなかったなぁ( =A=)フッ
もう、後期が始まるのか、忙しくなりそうだなぁ( =A=)フッ

 以上っす!!!

 
posted by NASA at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月28日

 なんか最近蜂に追いかけられることが多いのです。先日、山道を歩いている時、ふと横を見ると、自分と平行して飛んでいる蜂が!
 旅は道連れ、と申しますが故に、「あなたはどちらまで?はは、私はちょっと山向こうの実験所までネ☆」などと、にこやかに、生物種を超えた友情を築かんするも、わが心理解せぬ、この矮小なる虫けらめは、泣く子をさらに泣かす、すさまじき羽音を立て、われに襲い掛からんとせん。これはたまらぬと両手の荷物を抱え込み、50メートルほど疾走せり。やれ、もう安心と思いきや、その体小さく見えづらく、「志村!うしろー!」という天の声を感じて振り向きたれば、眼前に迫りたる蜂が!
 その後の筆舌に尽くせぬ恐々たる逃走劇の末、命からがら、この残虐なるストーカーを撒くも羽音に振り返り、羽虫に驚き、生きた心地せぬものなり。この卑小たる虫けらめがと、悪態吐くも、それに背を向け、脱兎のごとき逃走をせり、わが身こそ卑小ならんやと悟りて、浮かぶ瀬はなし。是、泣き面に蜂なりや。
 
 なんか、わけのわからん書き方をしましたが、要するに、蜂を見て尻尾を巻いて逃げ出し、なおかつ追いかけられて怖かったネ、ってことです

(追記)蜂がよってきたときは、じっとしているのがいいようです。我慢だそうです。それで刺されても文句はイワナイデネ
posted by NASA at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はじめましたよ

 何を思ったかブログなんぞを書き始めることにしましたよ。三日持てばいいんだけど・・・
基本的にめんどくさがりなんで、どうなることやら、、、、不安ナリ;
posted by NASA at 01:21| Comment(1) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。